脳出血から生還~もう一度ロードバイクに乗りたい55歳男の闘病記

55歳の働きざかりで、脳出血で緊急入院。もう一度「ロードバイクに乗りたい」「ツールド東北に出たい」男の闘病記。

「少し若くして発症したものの責任」と考え発信します。モーツアルトは確かに脳にいい気がする

この病気になり、様々な理由で、
脳性麻痺と戦う患者さんと家族を知りました。
 
また、たくさんの理学療法士さん、
リハビリ機器の開発販売に関わる方、
医学関係の方から、メッセージを頂きます。
 
山下キャプテンとそのご家族もその一組です。
 
みんなの思いは一つ、少しでも良くなりたい!です
 
私の経験や伺った話やらを今後アップして参ります。
 
少し若くして発症したものの責任と考え発信します。
右脳には、歌詞のない音楽が良いというので、
寝るときや朝に聴いています。
 
特にモーツァルトが良いらしいです。
確かに音楽をゆっくり聞いた次の朝は違うんですね。
 
不思議です。モーツアルト以外だと、
 
スターウォーズサウンドトラックを聞いています。
 
高校生の頃から、ついに3年前まで、
ずっと続いたシリーズで、思い出も深いので気分も上がります。
youtube のtedに紹介される
ジルボルト・テイラー博士のパワフルな
洞察の発作もよく見ます。
 
英語ですがテロップついています。
youtube で、ted 脳で見つかります)
 
アメリカの脳科学者が自分自身が
脳出血で倒れたときの経験を話しています。
発症から、八年後の彼女の姿は、きついリハビリを乗り越えたのでしょう。
 
見事に自然で、私の目標の姿です。
良くなるための全てをお伝えしたいです!